歯が黄色くなる原因

白い歯がいいよね、とどこかのキャッチフレーズにあったと思いますが、黄色い歯よりは白い歯が好まれます

実は歯の作りからすると黄色くなりやすくて当然です。

歯の表面はエナメル質で覆われていますが、そのすぐ下の層は象牙質が厚くなっています。

エナメル質は半透明の白色で歯の白さのもととなっているのですが、象牙質のほうは少し黄色い白なので、エナメル質が薄くなったり、なくなったりすると黄色く見えるようになるわけですね。

 

エナメル質の損傷

歯の手入れをほとんどしていないとエナメル質は損なわれることがあります。

また、力を入れすぎいて磨いたり、研磨剤入りの歯磨き粉を使いすぎたりしても損なわれることがあります。

その点では電動歯ブラシの使いすぎも注意が必要です。

 

いつも食べているもの

いつも口に入れているもので歯が黄色くなることもあります。

つまり飲み物や食べ物の種類によっては歯の着色の原因になるものがあります。

食べ物では、カレー、醤油、黒酢、ブルーベリーなどのベリー類、ウコン(ターメリック)、合成着色料などで、普段から食べていそうなものばかりです。

飲み物は、分かりやすいのがコーヒーで、ほかに紅茶、赤ワイン、ココア、コーラ類などですが、これらも生活の中で頻繁に飲むものですよね。

つまり、普通に食生活を送っているだけで歯は黄色くなっていくということです。

 

最強はタバコ

さらにタバコの成分にはタールやヤニが入っているので、当然ながら吸えば吸うほど歯の着色はひどくなっていきます

スモーカーのための歯磨き粉が多く販売されていることからもそれが分かるのではないでしょうか。

薬品の作用でも着色することがあります。

うがい薬、漢方薬、抗生物質の中にはそのような副作用がある場合があります。

 

内部的な原因

ここまでは外部的な原因についてでしたが、ほかに内部的な原因というものあります。

年齢が進むと象牙質の黄色味が増していくとともに、エナメル質が薄くなっていくために、歯が黄色く見えるようになっていくことがあります。

虫歯があると歯が黒っぽくなっていきますので、外側の見えやすいところだと気になってしまいます。

虫歯の治療をしたあとで黒っぽくなることがありますので、そういう場合は歯科医に相談すると良いでしょう。

歯科治療で神経を抜いた歯は、血管もなくなっているため栄養が来ないので、時間とともに黒ずんでいくでしょう。