フッ素コートで歯を丈夫にする

フッ素が入っていることを謳った歯磨き粉の商品をよく見かけないでしょうか。

このフッ素が入っていると何がどう違うのでしょうか。

 

脱灰と再石灰化

一つには歯の再石灰化を促進するからです。

歯の表面はミクロのレベルで大きな変化をしていることが分かっています。

食事などで唾液をたくさん分泌するときは、その酸で歯の表面も一緒に溶かされています。

これを脱灰と言います。

つまり溶けるのですが、これも唾液の作用でふたたび修復される仕組みになっています。

これが再石灰化です。

 

フッ素の働き

フッ素はもともと歯にある物質ではありませんが、歯のエナメル質とくっ付くことによって再石灰化を助けて歯の表面をより丈夫にする働きをします。

また歯をコーティングすることによって艶が良くなりますし、白い歯がもっと白く見えるようになるでしょう。

再石灰化を促進する過程で虫歯も抑えられます。

虫歯菌は酸をだして歯を溶かしていきますが、初期の虫歯ならフッ素コートすることによって修復することができます。

ですから結果的に虫歯を含む歯周病の治療費を抑えるかゼロにすることもできるかもしれません。

普段からの習慣にしたいものです。

 

いつもの習慣として

このようなものは毎日定期的におこない続けていくことが大事になってきます。

フッ素を塗るためにわざわざ洗面台に行くのは面倒ではないでしょうか。

実は現在販売されている歯磨き粉の90%にはフッ素が入っているようです。

成分表示に、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズ、モノフルオロリン酸ナトリウムのいずれかが記載されていればフッ素入りということです。

ですから、フッ素入り歯磨き粉を選んで、毎日の歯磨きと一緒にフッ素を歯に塗ることができるでしょう。

こうすればフッ素コートを忘れることなく一石二鳥で歯の健康をケアすることができますね。

 

適量だけ使う

フッ素という物質は自然界にある元素のひとつです。

適量であれば特に害はありませんが、一度に大量に使用すると問題が起きると言われています。

歯磨き粉に使われているのはもちろん適量です。

歯の強化と虫歯予防にはフッ素がお勧めです。