ホワイトニング剤入り歯磨き粉は効果あり?

いつも使っている歯磨き粉はホワイトニング剤入りですか。

おそらくここに来られた方は一般的な歯磨き粉を使っている方が多いでしょう。

ここではホワイトニング剤入りの歯磨き粉について話したいと思います。

その前に一般的な歯磨き粉の役割について押さえておきましょう。

 

普通の歯磨き粉

一般的な歯磨き粉は歯垢をブラシで効率的に除去する補助をします。

補助なので必須ではありませんが、様々な効果を持っています。

研磨剤が入っているので軽度の着色なら落とすことができますし、発泡剤によって汚れを浮かせることもできます。

薬用成分も入っているなら歯や歯茎を強くしてくれます。

ミント系の香料で磨き上りがスッキリするという効果もあります。

 

ホワイトニング剤入りの歯磨き粉の特長

ホワイトニング剤入りの歯磨き粉も基本的には同じ効果がありますが、それにプラスしてホワイトニング効果もあるものを言います。

店頭で購入できるホワイトニング剤入りの場合、ほとんどは研磨剤によって歯の汚れやステインを取り除くことまでを目的としています。

つまりタバコやコーヒーなどで歯に付いたものなどを取り除くことができます。

しかし歯を白くするためにはこれだけでは十分ではありません。

 

自宅でできるホワイトニング

本来は、ホワイトニングは歯科医院で施術してもらうものが一般的ですが、費用がとても高いのでそれに代わるものとして、自宅でできるホワイトニングも選べるようになっています。

自宅でできるほうをホームホワイトニングといいますが、最初に自分用のマウスピースを歯科医院で制作してもらいます。

その後は自宅で行うことだけなので続けていきやすいでしょう。

 

歯磨き粉タイプなら手軽に

そして自宅でできてマウスピースも使わないホワイトニング方法として、ホワイトニング剤入りの歯磨き粉があります。

歯を白くする有効成分が使われているので、毎日歯を磨いているだけで白くすることができるように作られています。

すぐに効果が出るわけではないものの、使い続けることによって実感できるものです。

また、本格的なホワイトニングですと、長く続けていくには負担が大きいですが、歯磨き粉タイプならずっと続けていきやすいでしょう。