歯の消しゴムを知っていますか

“消しゴム”と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

ここでは歯の消しゴムの効果についてお話しします。

その前に、イメージとしてどんなものなのかご説明しましょう。

 

消しゴムのかたち

大半の方が想像されるように、鉛筆用の消しゴムと同じようなものです。

生体とのなじみがいいシリコンゴムを使っていて、それを歯の表面に擦り付けて汚れを落とすことができます。

本当の消しゴムのようにゴシゴシと歯を擦りますが、専用の研磨液を付けながら擦ります。

ですからシリコンゴムが削れてではなく、その研磨液の働きで削るということです。

文字どおりの消しゴムのように消しクズが出るということはほとんどありません。

歯の消しゴムはドラッグストアや薬局で手に入れることができます。

 

歯の消しゴムの効果

では擦ることによってどれくらいの効果があるのでしょうか。

歯の消しゴムによって歯の表面についた汚れやステインを取り除くことができます。

しかしながら、歯を本来の白さ以上に白くすることはできません。

もっと白くならないかと、こすり過ぎるのはやめましょう。

汚れのみならず、歯の側のエナメル質までも削ってしまうことになるからです。

それではかえって良くないですよね。

 

隙間に合った形状

消しゴムの形状は様々ありますが、多いのは平面を歯に当てて擦るタイプです。

それだけですと歯と歯の隙間や歯並びがよくない所ができませんが、ペン先のような形になっているタイプもあります。

隙間にはこのタイプを使えば、歯のかなりの面の汚れを落とすことができます。

 

消しゴムで取れないなら

もし歯の黄ばみが取れないなと思われるなら、ステップアップしてホワイトニング剤入りの歯磨き粉を試してみてください。