日本人の歯磨き習慣

子どものときに歯磨きの仕方を教わったのを覚えていますか。

あの時以来、毎日自分で歯を磨く習慣が身に付いてきたことでしょう。

小さいときからの習慣なので、磨かないと気持ちが悪いと言う人も多いのではないでしょうか。

それほど日本では徹底した歯磨き教育を行なって来たと言えます。

 

歯磨きの目的

もともと歯磨きの第一の目的は虫歯予防ですね。

虫歯菌と言われるミュータンス菌が歯に住み着いていて、歯を溶かしていって穴を開けていってしまうのを防ぐためです。

そのため、歯の表面を万遍なく磨くための方法やツールがたくさんあります。

歯ブラシだけでも様々な形や大きさのものがありますし、歯磨き粉は虫歯予防とホワイトニングもできるもの、そしてデンタルフロスや歯間ブラシなど充実しています。

 

ホワイトニングのため

歯磨きの別の目的として注目されているのが「ホワイトニング」です。

虫歯菌を退治するだけでなくて、同時に歯も白くしてしまおうという発想です。

種類はホワイトニング用の歯磨き粉とホワイトニング専用のものとがあります。

多くの方は歯磨きの習慣がすでにあるので、歯を白くする効果があるものに替えれば、続けていくだけで白い歯を取り戻すことができるでしょう。

 

歯磨き習慣あってのホワイトニング

歯磨きの習慣が適当な人ですと、もちろん虫歯になりやすいですし、歯も白さを保つことはできません。

歯磨きは最低でも一日一回は必要ですし、特に就寝前に念入りに磨くことが勧められています。

できれば毎食後に磨くのが理想的です。

結局のところ、歯の白さを目指す方はよく歯を磨くので虫歯も一緒に予防できているのではないでしょうか。

もし、白い歯がいいなと思ったらまずは毎日の歯磨きの習慣を見直しましょう。